前へ
次へ

行政書士試験の合格率の注意点

行政書士は、法律に基づいて省庁・警察署・保健所などの官公署に提出する権利義務や事実証明に関する書類を作成したり、その手続処理代行や相談を請け負うことを職務としています。法律という専門性の高い知識が必要になるこの仕事。それを全うできる人材なのかをチェックするために行われるのが、行政書士試験です。行政書士試験には毎年数万人もの人が挑戦していますが、その中で無事試験をクリアする人は、わずか数千人しかいません。合格率は平均で7%とも言われており、試験を受けたほとんどの人が目標に達せていないことが分かります。しかしこの合格率の低さは、行政書士の人気の高さと、試験を受ける際に受験資格を問われないことに起因するとも言われています。受験者には10代の若者や60代以上の高齢者も多く、受験資格を問われないが故に軽い気持ちで挑戦する人もいるようです。つまりこの日のためにしっかり勉強してきた人だけに的を絞れば、合格率は格段に上がることが予想されているんです。数値だけを見て諦めず、しっかり勉強に励めば、道が拓ける可能性はぐっと上がります。

top用置換

top用置換2
Page Top